第38回京都メディア懇話会6月例会(2019年6月27日)


演 題 : 「図書館はどう生きるか~図書館の多様性を探る」
日 時 : 2019年6月27日午後6時30分~同8時
会 場 : 「ハートピア京都」3階第2会議室
      ※地下鉄烏丸線丸太町駅下車5番出口
発題者 : 庄司尚文氏(京都市醍醐中央図書館館長補佐)

[発題者略歴]
昭和55年 立命館大学法学部卒業
昭和56年 京都市に採用
平成29年 京都市学校歴史博物館事務局長を最後に定年退職
現在 京都市生涯学習振興財団京都市醍醐中央図書館館長補佐
[発題概要]
  明治5年,日本で初めての公共図書館「集書院」が京都に造られておよそ150年。公共図書館は,着実に「市民の生涯学習の拠点」へと発展してきました。しかし,変化の激しい今日の社会において今後、図書館がどのような役割を担えるか,図書館の今日の実情に則しつつ,あらためてその未来像を探りたいと思います。

ウィンドウを閉じる

inserted by FC2 system