本文へスキップ

月例研究会スケジュールschedule

2018年度開催

27 4/26 「選挙報道の現場で思うこと~地方紙記者として」 澤田亮英氏(京都新聞社報道部記者)
 28 5/24 「原爆と細菌戦~京都の軍事研究資料を探って」 岡本晃明氏(京都新聞社編集局社会担当部長)
 29 6/28 「政治は燕の巣である。~地域の代弁者としての発信策~」  中野洋一氏(京都市会議員)
 30 7/26 「トランプ政治の検証~現場を歩いて考える~」  渡辺武達氏(同志社大学名誉教授、当会会長)
 31 9/27 「西日本豪雨災害 ―最前線はどう報道したか―」  平井利彦氏(京都新聞社北部総局長兼論説委員)

これまでの開催記録(各研究会の詳細は「活動報告」を参照)

2017年度
 18 4/27 トランプ大統領の『FAKE(作為情報)』連発とマスメディアの対応責任 渡辺武達氏(同志社大学名誉教授、当会会長)
 19 5/25  非被災地にある地方紙における震災報道  仲屋聡氏(京都新聞報道部)
20 6/22 「京都観光」報道の切り口  高田敏司氏(京都新聞社政治経済担当部長)
 21 7/27  「地方のCATVの現状と課題」
~京丹波町ケーブルテレビの取組から~
 西村公貴氏(京丹波町ケーブルテレビ主任)
 22 9/28  「大津WEB新報:情報公開制度を駆使した本格的な調査報道」  大井美夏子氏(大津WEB新報発行者)
 23 10/26   「地域が語り部-平和池水害(ダム決壊)とメディア」  中尾祐蔵氏(地域ジャーナリスト)
 24 11/30 「 アメリカの放送の過去、現在、未来」  志柿浩一郎氏(同志社大学アメリカ研究所 専任研究員)
25 1/25  「私がアメリカで実践したビジネス・コミュニケーション」  大江正彦氏(元・駐米会社員、元同志社大学女子大学講師、ビジネス論)
 26 2/22 「若者の性意識と性情報リテラシー」 小川真知子氏(NPO法人SEAN理事長)
2016年度 
 9 4/28   新聞社の事業企画-地域貢献の仕掛けとして 発題者:上田耕滋
・元京都新聞COM事業局長
司会:永島宣彦
・京都新聞COM社長
コメンテーター:宮本実
・京都新聞COM取締役
10  5/26 〈新聞〉の創造的破壊-上越タイムスを事例 発題者: 畑中哲雄
・龍谷大学准教授
司会:齋藤修
・京都メディア懇話会理事長
コメンテーター:中谷聡
・京都光華女子短大講師
11  6/23  市民が主役のNPO放送局:京都ラジオカフェ 太田航平
・(FM797京都三条ラジオカフェ)
 12 7/28   アメリカにおける日本のPOPカルチャーの受容 発題者: 勝野宏史
・(同志社大学社会学部准教授)
司会:中谷聡
・京都光華女子短大講師
コメンテーター:阿部康人
・同志社大学メディア学科助教
 13  9/29  「AMラジオの現状と将来展望」
 
発題者:村上祐子氏
・KBS京都取締役
司会:齊藤修
・京都メディア懇話会理事長、京都新聞ホールディングス顧問
コメンテーター:新村章
・元KBS専務取締役)
14 10/27  メディアは災害の経験をどう活かして報道できるのか?  中田健一氏(元神戸新聞社メディア局長)
15 11/24 調査報道の新しいかたち 大西祐資氏(京都新聞社南部支社長兼編集部長
16 1/26 いま、新聞が問われていること——全国紙の地方支局で考える 八百板一平氏(朝日新聞大津総局記者
 17 2/23  京都市日本語指導ボランティアから見た『移民』の子どもたち  中堂規久子氏(地域日本語教育指導員・京都市日本語指導ボランティア)
2015年度
 回 日時 内容 登壇者
 1 5/21 選挙報道の現状とあり方 発題者:石川一郎
・京都新聞編集局政治経済担当部長
司会:新村章
・元KBS専務取締役、当会理事
 2 6/25 低線量被ばくとメディア:福島原発事故の事例から 発題者:阿部康人
・同志社大学メディア学科助教
司会:十倉良一
・京都新聞論説委員
 3 7/23 Xバンドレーダーと地方紙 発題者:岡本晃明
・京都新聞社編集局報道部長代理
司会:齋藤修
・京都メディア懇話会理事長
 4 9/24  日中の領土問題に関する報道の比較分析―尖閣諸島問題の新聞報道を例に― 発題者:テイ・イイ
・同志社大学大学院メディア学専攻博士課程
司会:渡辺武達
・当会会長、同志社大学名誉教授
 5 10/22 メディアを支える市民力:新聞を遺物にしたくない  発題者:宮本実
・京都新聞COM
司会兼コメンテーター:吉田進
・前エフエム京都社長
 6 11/26  日本の政治・選挙報道、その2 発題者:北神圭朗
・元京都選出民主党衆議院議員
司会:齋藤修
・当会理事長、京都新聞ホールディングス顧問
コメンテーター:十倉良一
・京都新聞論説委員
 7 1/28  メデイアは文脈をつくりたがる?~市民の体験的メディア接触論 発題者:永井るり子
・立命館大学社会人学生
コメンテーター:土田弘
・元KBS京都放送
司会:中谷聡
・京都光華女子大学講師
 8 2/25   ローカル放送メディアの文化事業実例~その目的と実態の乖離 発題者:土田弘
・元KBS京都放送
司会:阿部康人
・同志社大学社会学部助教
コメンテーター:大谷重信
・元リーテル勤務
inserted by FC2 system